TOP>業界研究(病院薬剤師)
■ 業界研究(病院薬剤師)

薬学部生の就職先として、一番人気が高いのは病院です。
薬剤師としての職能を最も発揮できる場所、というイメージは間違っておらず、給料が低い、 激務であるという要件を抱えながら調剤薬局よりはるかに離職率が低いのは、その大きなやりがいのおかげでしょう。 医薬分業が進んだ現在、病院の求人はその人気と反比例してとても少ないので、病院への就職は狭き門となっております。

医薬は分業しておらず、調剤薬局がまだ存在していなかったころ、患者さんは病院で薬をもらうのが当たり前でした。 少し大きい病院ですと、病院の一区画が『薬局』として存在しており、診察を終えた患者さんはそこで薬をもらっていました。

かつての薬剤師の仕事は、その院内の薬局での薬の管理と、ひたすら調剤をすることでした。薬局の窓口で患者さんにお薬を渡す担当者は、 薬剤師でないことが普通でした。 入院患者さんの調剤も看護師がするケースがよくありました。 たとえ薬剤師が調剤をしても、実際にお薬を届けるのは看護師でした。

現在においてももちろん、分業していない病院では調剤は大事な仕事の柱です。 しかし、前とちがって投薬は薬剤師が行っています。入院患者さんのお薬も、いまは看護師でなく薬剤師が責任をもって調剤しているところが多いです。 そしてベッドサイドまでお薬を届け、服薬指導もします。

最大の変化は、チーム医療に参加することです。病院薬剤師にとって、一番やりがいを感じられる業務のひとつです。 チーム医療とは、医師を中心に薬剤師、看護師、管理栄養士などのその病気に関わる専門家がチームとなって治療に当たり、 それぞれの立場から意見を交わし合いつつ、よりよい治療方法を考えるというものです。

薬剤師は薬の専門家という立場から、時には処方組み立てにも参加します。自分の提案した薬剤が採用されるのは、 とてもうれしくやりがいを感じます。こうして治療に参加するには、薬剤師も深い知識と経験が求められます。

 



Copyright© 2014 薬学生の就活 All rights reserved.