TOP>業界研究(MR)
■ 業界研究(MR)

MRとは、Medical Representative(医療情報担当者)のことで、自社の医薬品についての適正な使用のため、品質や有効性、 安全性などの情報を医療関係者に対して提供するのが主な仕事内容です。

MRはメーカーの営業である、という認識がまだまだ根強いです。
もちろんその根底には、自社製品を普及させるという目的があるのですが、実際の仕事は医療情報担当者という名称のとおり、 自社の薬について、またその薬に関連する病気や治療についての情報提供を行い、その薬を実際に使用しての治療経過や症状の改善度合い、 また副作用などの情報を、医師や薬剤師などの医療関係者から聞き取り収集するというもので、まさに医薬品に関する情報の担当者です。

集めた情報は、自社の研究開発部門にフィードバックされ、医薬品の品質改善や新薬の開発へとつながります。 このように、MRは情報提供をおこないますが、販売業務はしません。実際に価格交渉や販売を行うのは、MSと呼ばれる卸売業者の営業担当です。

MRには薬剤師の資格は必要なく、文系の出身者も多いですが、医師や薬剤師といった専門家を相手に情報を提供し、 医療現場からのデータを正しく収集しなくてはならないので、医学や薬学の知識が必要となります。

MRの質の向上のため、業界による「MR認定試験」が行われています。国家資格ではないので合格しないと仕事ができないわけではありませんが、 いまやほとんどのMRは取得しており、実質的に必須資格といってもよいでしょう。薬学部卒といえども、MRになったら取らされます。 ただし薬学部卒は、6科目のうちの3科目を免除されいます。

これからのMRはますます専門性が進み、さらに深い薬学の知識が必要とされるといわれていますので、 薬学部生の就職先としてその専門性を活かせる仕事といえるでしょう。 MRは、医師から話を聞き情報を正しく伝えることが仕事です。まず、医師から話を聞けるようになるため、 医療機関との日々のコミュニケーションを積み重ね、信頼を築くことが重要です。

 



Copyright© 2014 薬学生の就活 All rights reserved.